デリケートゾーンの洗い方知っていますか?

デリケートゾーンの正しい洗い方ってちゃんと教えてもらった事ってありますか?思い返してみるとわたしはありません。
体を洗う洗い方は、しっかりとゴシゴシ全身を洗って背中や足の指の間とか、手の届きにくい所もきっちり洗いましょう。ってお母さんと一緒にお風呂に入った時に教えられたと思いますが、体を洗うようにゴシゴシデリケートゾーンを洗うと、黒ずみの原因になったりもします。
場合によってはボディーソープで洗う事によってニオイが悪化したりする可能性もあるんです。

 

まずは専用のソープを用意

ボディソープは殺菌作用が強かったり、膣内のPHのバランスが崩れてしまうので、専用ソープが売られているので出来れば専用ソープを購入しましょう。

 

タオルでゴシゴシ洗わない

専用のソープがあってもタオルでゴシゴシ洗うと黒ずんだり傷めたりする事もあります。
デリケートゾーンは皮膚が比較的薄いので体を洗う感覚でゴシゴシ洗うのはやめましょう。
しっかりと泡立てネットで泡立てて手で泡をしっかりと手に取って優しく洗ってください。

 

出来れば鏡で一度しっかりと見る

じぶんのアソコってちゃんと見たことない人が殆どですが、恥ずかしいかも知れないですが自分でしっかりと見て下さい。
どういう風になっているか知る事によって洗う時に丁寧に洗えます。
重点的に洗わないといけないような凹凸部分もあるのでそれがどこなのか把握も出来ます。

 

正しい洗い方

デリケートゾーンは凹凸があったりヒダがあったりで汚れが溜まりやすいです。
クリトリスの周りや大陰唇のヒダ周りに垢が溜まりやすいです。
この垢をちゃんと丁寧に取ってあげないとこれがすそワキガでは無いですがニオイの原因となります。
しっかりと指でひだを伸ばしたりめくったりして丁寧にしっかりと洗ってください。
洗うのがあまいと、恥垢が残って蓄積されて行きます。そうすると白い塊になると洗っても簡単に取れなくなるのでそうならないように日々丁寧に洗うように心がけて下さい。
膣の中は自浄作用があります。体が自然とばい菌が入ってきても自分でばい菌をやっつけるような作りになっています。
膣内はしっかりと洗ってしまうと自浄作用の菌が洗い流されてしまい、かえって自浄作用が無くなってしまいばい菌が入ってきたら炎症を起こしてしまいます。
膣内はビデ等でたまに洗う程度で大丈夫です。神経質になって膣内を毎日ビデなどで洗わないようにしましょう。

 

ちゃんとした洗い方を続けていると、黒ずみとかも解消されて行きます。

 

専用ソープオススメランキング

【ピュアエンジェルソープ】



天然由来成分で出来ているので、敏感肌の人でも安心して使えます。
黒ずみケアの事も考えられているので、ヒジや脇の気になる黒ずみにも使用できます。
その際はしっかりと泡立てて洗った後、少し泡をそのままにしてパックのようにしてあげると黒ずみが解消できます。

管理医療機器膣洗浄器インクリアの姉妹品!アウトクリアシリーズ



専用ソープの他に、黒ずみが気になる人は別の商品でムースタイプのものもあります。
用途に合わせて使い分けが出来ますが、黒ずみも気になる人は専用ソープと黒ずみようムースをそれぞれ購入しなければならないので、ケアするときにひと手間かかります。
黒ずみは気にならない人はこっちの方が値段も抑えられているのでお勧めです

フェミデオ



初回のお試し金額が1,800円と少し高級です。定期購入した場合は次回から4,980円になります。
その分しっかりとした成分で構成されていて、こちらも黒ずみを解消できる成分も含まれています。
同時に、定期購入すると専用の泡立てネットもついてくるので泡立てネットを持っていない人はセットでついてくるのはうれしいですね。

 

以上が私のお勧めベスト3です!!